こだわりのつまった家作りのためのお金のかけ方指南サイト

>

家づくりのお金のかけ方

間取りと費用の関係

間取りにはこだわりを持っている方が非常に多いのではないでしょうか?
家族の中でもそれぞれの希望があり、それを全て叶えようとすると費用がかさんでしまうものでもあります。
複雑な造りであったり、ロフトがあったりといったような間取りは設計にも建築にも手間と時間がかかりますので費用が高くなってしまいます。
そして間取りを考える上で注意したいのはガスや水道の配管の位置です。
こういったものはあまり意識するポイントではなく、表面的な間取りばかり気にしがちですが、間取りに伴ってガスや配管の長さが長くなってしまうとその分材料費や工事費が高くなってしまいます。
キッチンや洗面所、トイレやお風呂など水やガスを使用するものは出来るだけ近くにあるような間取りにすることでコストを削減することが出来ます。

将来のことを考えた間取りにしよう

家というのは、何十年も住み続けるものです。
そのため、今住みやすい家が10年後も住みやすい家であるとは限りません。
今小さな子供がいる家庭であれば、子供が大きくなれば自分の部屋が欲しいというようになるでしょうし子供が結婚してまた同居するようになり、2つの世帯が一つの家に住むようになるかもしれません。
ライフスタイルというのは刻々と変化していくものですので、その時によって住みやすい家というのは変わってきます。
もちろんその度に家を建て替えたりリフォームをするというのは現実的ではありません。
今から家を建てるのであれば、必要であれば部屋を仕切ることが出来るような作りにもともとしておいたり、ドアを多くつけておくといったようにライフスタイルの変化に合わせて間取りも変化させることが出来るようにしておくことをおすすめします。


この記事をシェアする