こだわりのつまった家作りのためのお金のかけ方指南サイト

>

断熱性を意識して家を建てると節約になる!?

今から家を建てるなら断熱機能は必須!

快適に家の中で過ごすためには、家の中の室温が快適な温度であるということはとても重要なポイントです。
もちろん断熱構造の壁や床にしたり、断熱や遮熱効果のある素材を使用したりすると余計に費用はかかってしまいます。
だからと言って費用の節約のためにこういった機能を全て使用せずに家を建てると、実際に家が完成して住み始めてから、後悔をすることになります。
冬は寒く、夏は暑くなり全く快適な空間とは言えなくなってしまいます。
近年建てられる家には基本的な装備として断熱や遮熱の効果があるように作られることもありますが、そうではない場合には多少費用がかかってしまったとしても自分から依頼してオプションとしてつけてもらうことをおすすめします。

断熱性のある家はなぜ節約につながるのか

家は建てたら終わりではありません。
その後長い間住んでいくことになりますので、建てる時の費用だけを考えるのではなくランニングコストについてもきちんと考えておく必要があります。
断熱性や遮熱性のある家であれば、冬でもある程度の温かさを保てますし、夏は温度が高くなりすぎるのを抑えることが出来ます。
そうすると夏にかかる冷房代や、冬にかかる暖房代などを節約することが出来るのです。
もちろん快適な温度を保つことが出来るので、住みやすさにも繋がりますのでコストの面でも快適さという面でも非常に満足度の高い家を建てることが出来ます。
断熱性や遮熱性だけではなく、気密性があったり、風通しがよかったり、日当たりが良いということもさらに快適な家を作るポイントになります。


この記事をシェアする