こだわりのつまった家作りのためのお金のかけ方指南サイト

>

外壁はケチってはいけない

外壁素材の選び方

外壁は家の外観の大部分を占める部分ですので見た目的な部分にこだわりたくなる気持ちはわかりますが、実際には耐震性などの家の強度や断熱性、耐水性などにも大きく関わってくるとても重要なものです。
そのため見た目やデザインだけで選んでしまうと、後で後悔をすることになります。
外壁に使用される素材には様々な種類があり、見た目にこだわる人、機能にこだわる人、耐久性にこだわる人、など人によって求めるものが違いますのでそのニーズにあったものを選んでいく必要があります。
価格も様々で、初期費用に大きな差が出てくることになります。
外壁に使用する素材を選ぶ際には、価格や耐久性、様々な機能をよく比較してその時のことだけではなく長い目でみて納得出来るものを選ぶようにしましょう。

外壁のランニングコスト

家を作る際にはある程度の予算があるものですので、その予算内に収めるために費用を削らなければいけない部分が出てきます。
そこで外壁のグレードを下げる人が多いのですが、あまりおすすめ出来ません。
外壁素材の価格というのはグレードに比例しています。
購入時にかかる初期費用は抑えることが出来たとしても、グレードを下げてしまったことによって品質が良くなくなり耐久性の面で問題が出てくることが多いです。
そうなってしまうと本来必要でないメンテナンスに費用がかかってしまい総合的にみると逆に出費が多くなってしまうことになります。
家は長く住むものですので、何十年もすれば必ずリフォームが必要になってきます。
ですが外壁に関して言えば、素材選びによってそのリフォームの頻度が変わってきますので素材を選ぶ際には長い目でみてのランニングコストまできちんと計算して選んでいくことが必要になります。


この記事をシェアする